2011年10月05日

相続人の調査と確定の注意点

相続人の調査と確定の注意点については、いくつかあります。
被相続人から見て、配偶者は、子や親、兄弟姉妹に関わらず常に法定相続人になります。
子については、実子はもちろんですが、養子や認知された子も当然相続人となります。ただし、養子や認知については、戸籍上の記載がある場合となります。
両親については、養親も相続人になりえます。ケースとしては、両親と養親が相続人といったケースもありえるでしょう。
また、兄弟姉妹については、もし兄弟姉妹が亡くなっている場合には、その子が代襲相続しますが、さらにその下へはいかないです。つまり、兄弟姉妹の相続では、その子までが相続人となりえます。
以上が、相続人についての注意点となります。
posted by sakuraitigunn at 23:04| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: