2011年06月18日

相続には戸籍謄本や除籍謄本、原戸籍が必要。

では、相続が発生し、凍結された亡くなった人の銀行預金の解約や、不動産の名義変更をするためには、まず何が必要なのか? そうです。 相続人が誰々なのかをまず確定する必要があるのです。
そのためには、亡くなった人の出生から死亡までの戸籍謄本や除籍謄本、原戸籍のすべてが必要になってくるのです。戸籍謄本は本籍のある役所でしか取得できないので、本瀬のある役所が遠方であれば、郵便による戸籍謄本取り寄せという方法になります。
posted by sakuraitigunn at 18:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: