2016年02月02日

配偶者と子供が遺産を相続する時の戸籍は?

被相続人に配偶者と子供がいたら、
配偶者と子供全員が法定相続人になります。

現行法では、配偶者の相続分は2分の1で、
残りの2分の1が、子供全員の相続分ということになっています。

ただし、この相続分については、法定相続分と呼ばれるもので、
遺産分割をする上でのあくまで目安となるものです。

たとえば、法定相続人の配偶者と子供全員で、
遺産相続の協議をする時に、
法律通りに分ければどうなるかといった疑問も起こることがあります。

そんな時に、配偶者が2分の1で、
残り2分の1が子供全員という法定相続分がでてくるわけです。

もちろん、あくまで目安であって、その通りに分ける必要もなく、
法定相続人同士で、自由に遺産相続をすることも可能です。

しかし、法定相続人が誰々なのかについては、
被相続人の生まれてから死亡するまでの戸籍謄本と改製原戸籍と除籍謄本を、
すべて取り寄せして確認する必要があります。

もし、それらの戸籍の本籍地の市町村役場が近いなら、
住民票を取得する感覚で、直接窓口で取得することもできます。

遠くて行けない場合に、郵便請求という方法があるわけです。
郵便請求できるのは、戸籍謄本だけでなく、
原戸籍や除籍謄本についても同じです。

ただし、原戸籍や除籍の本籍地の市町村役場でしか取得できないことについては、
戸籍謄本の場合と同じです。

被相続人の戸籍謄本等の取り寄せが出来た段階で、
次に、法定相続人のそれぞれの戸籍謄本を取り寄せします。

この場合、法定相続人本人が取得するのが良いのですが、
委任状を用意することで、受任者でも取得することができます。
posted by sakuraitigunn at 22:02| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: